*Cyoco’s Kitchen ~食と暮らしを楽しむ~*
~ほっこり、ゆったり、時にはじっくり・・・おうちごはんや暮らしを綴ります~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仙人たちとのひととき・・・
  cyocoの母方の祖母は、現在92歳。
  施設でお世話になりながら、時折娘である母のところに戻ってきます。

  お正月や時候の良いときを見計らって帰ってくる祖母は、少し記憶の部分が低下して
  いますが、大正女らしい柔らかな物言いと、仏様への感謝の心は忘れない祖母です。

  そんな祖母が、敬老の日をはさんだ連休に2泊3日で帰ってきました。
  介護とは無縁であった母もオムツ替えなどをしなくてななりません。
  昔、お年寄りの介護に携わったことのある私にヘルプの声がかかることに~。
  
  「おばあちゃん、cyocoだよ!わかる?」
  「あら、cyocoさん?お世話になります」
  「孫娘ですぞ~」
  「まあ、そう言われてみれば・・・・」

  ・・・毎回のことながら、祖母とトンチンカンな会話を楽しみながらのオムツ替えです。

  そして、今回は祖母のところに特別な訪問者がありました。
  祖母のお姉さん、現在98歳です。

  お姉さんのヒロばあちゃんは、私も大好きなおばあちゃん。
  祖母は8人兄弟の7番目。ヒロばあちゃんは5番目。
  田舎とこちらのお互いの家を行ったり来たりの、仲の良い姉妹なのです。

  高齢になってからは、なかなかゆっくり会うこともできず、
  戻ってきたこの時に、久々の再会となりました。

  121_20091013095016.jpg 131_20091013095023.jpg

  カメラを向けると、にっこりと微笑む2人・・・。
 
  しばし、2人だけにし会話を楽しんでいるようでした。
  記憶が薄らぎつつある祖母も、こみあげる感情があり、
  目に涙を浮かべ、ヒロばあちゃんも同じように泣いていました。

  大正・昭和と激動の日本を生き抜き、この平成の時代にも感謝をしながら生きる・・・。
  どんなに年をとろうとも、どんなに離れていようとも、
  決してきれることのない血のつながりの強さを、
  改めて教えてもらったような気がしました・・・。

  田舎からヒロばあちゃんを連れて来てくれたおじさん、
  「土産に、ちょっと持ってきたけぇ~」と、新米・ぶどう・野菜・・・・
  田舎の温もりをいただき、また真摯な気持ちになるのでした。

  別れ際、名残惜しそうに手を握り、肌の温もりを確かめる姿に
  心が押しつぶされそうになり、涙がでました。
  151_20091013100718.jpg 161_20091013100726.jpg

  大家族に囲まれ健康で元気で、お日様の元で暮らすヒロばあちゃんと
  施設内で、お日様にも当たれず、不自由な身体で暮らす祖母・・・
  日焼けした手と真っ白な手・・・、どちらも芸術作品のように感じるのでした。
  141_20091013101509.jpg

  2人のように、やさしく、たおやかな女性になりたい・・・、そう思うのでした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://cyocoskitchen.blog5.fc2.com/tb.php/173-82952b12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:ちょうこさん
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



FC2カウンター



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。