*Cyoco’s Kitchen ~食と暮らしを楽しむ~*
~ほっこり、ゆったり、時にはじっくり・・・おうちごはんや暮らしを綴ります~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの方に会いました

  1月26日(木)岡山シンフォニーホールへ・・・
  この日は、ブービーの高校役員としてPTA研修会へ行きました~

  幼小中高と役員歴もかなり長くなりました。
  「お母ちゃん、がんばってる!」って、自分を褒めてあげたりしてます

  この大会はとっても大きな会なので、毎回大物講師の方のお話を聴ける貴重な時でもあり、
  役員をさせていただく特典な感じもしています ありがたいことです

  今回の講師は・・・「松岡修造さん」  そうです、燃える熱い男
  ちょうど、前日にテニス界のプリンス「錦織圭選手」がベスト4に残れなかった試合があり、
  それでも素晴らしい躍進を遂げたことで師匠はさぞかし熱いだろうと期待していました。

  0.jpg
  
  テニスラケットを片手に、身振り手振り熱~いトークで笑いたっぷりでした
  
  でもその中にも真剣な部分はいっぱいで、特に印象に残ったのが

  「今の子どもは、すべて周りに守られていろんなことをやってもらっている。
   感性・感じる力が弱い子どもが増えていると感じる。
   自分が主宰している「修造学園」では、子ども達の脳をブルンブルンふるわせるような
   そういう体験をさせている。厳しくするのも、褒めるのも、脳が苦しんだり、喜んだりすることで
   ブルンブルンふるえるんです、感じる力がつくチャンスなんです
   待っている受け身では、ふるえないんです 大人はふるえるような体験をもっと子ども達に
   させてやらなくてはいけないと思うんです

   ほんとにそうですね・・・

  途中、浅田真央選手とお母様のエピソードがあったり、修造さんのこれまでの歩みの話があったり、
  勉強になる研修大会でした

  でも思ったのは・・・TVで拝見するよりもソフトで物腰の低いお人柄だということ・・・
  そしてその中にも、世界で、第一線で活躍されてきた「心の強さ」がひしひしと伝わる方でした
  最後客席のPTAからの質問があると、
  00_20120202083335.jpg
  こーーんな風に、トントンっと階段を軽やかに降りちゃって・・・・

  気さくなスポーツマン、やっぱり熱い男 松岡修造さんでした

スポンサーサイト

コメント

はじめまして!
浅田真央さんを検索してましたら貴ブログにたどり着きました。
もし差し支えありませんでしたら、お聞きされたという真央さんのエピソードを教えていただけますと嬉しいです。
[2012/02/03 01:57] URL | みおん #- [ 編集 ]

みおんさま
 はじめまして、みおんさん。
 コメントありがとうございました。
 浅田真央選手のエピソードですね。
 ちょっと長くなりますが・・・・

 子どもの感じる心を育てる、というお話の中で
 修造学園の子ども達に「プレッシャーをかんじる人は誰か?」
 と質問をすると、だいたい「親」と答えるそうです。

 常に親の期待とプレッシャーを背負いながらハードな練習を
 こなすわけですが、そんなときに子どもへの手紙を親に書いて
 もらうとおっしゃってました。

 それを子ども達が読むと、だいたい泣き崩れるそうで
 日々のプレッシャーや「自分は愛されていないんじゃないか」という不安
 が一層され、すごく前向きにより頑張る力が湧いてくる・・・と。
 「そこで感じる力が生まれるんです!」と力説されてました。

 親子の絆のすばらしさをお話され、
 その時に、真央ちゃんのお話がありましたよ。
 ここからは修造さんの語り口調で書きますね。

 「真央ちゃんとお母さんもすばらしい親子です。
 スケートの練習は朝4時半からリンクへ行き、それが毎日、何年も続きます。
 お母さんは試合もリンクでは応援せず、滞在先のホテルで祈るように応援
 していました。真央ちゃんがメダルをとったときのお母さんの手紙には
 メダルのことはなく、『真央が元気で自分らしくできたことが一番うれしかった』
 ということが書かれていました。
 本当にすばらしいお母さんでした。
 試合の結果がすべてではなく、真央ちゃんのすぐそばでずっと見てきたお母さんに
 とっては、いつも真央ちゃんらしさを忘れないことの方がもっと大切だったんです。
 だから真央ちゃんも姉の舞ちゃんもすばらしい選手で、自分らしさを失いません。
 よくTVのインタビューでも「自分らしく」と答えていますが、あれはお母さんの
 教えというか、ずっと言い続けてこられたことなんでしょうね。」

 ・・・という修造さんのお話でした。
 
 メモはとったのですが、完全ではないかも・・・。
 私の住む倉敷は、高橋大輔選手のふるさと・・・。
 後輩選手もぞくぞく育っているところです。
[2012/02/05 07:37] URL | cyoco #yAuB7CdU [ 編集 ]

ありがとうございます!
お答え嬉しいです、ありがとうございます!
今読みながら、私が泣いてしまいました。
本当に素晴らしいエピソードを教えて下さってありがとうございます!。
修造さんの口調はつい笑ってしまいますが、今回はこんなに胸にドスンとくるなんで…。
良いお話を修造さんもありがとうございますと思いました。
私はくらしき作陽大学の卒業生(編入生なので2年だけですが)なので、岡山は懐かしいです。機会がありましたら倉敷にもまた行きたいなあ…。
丁寧なお返事、本当にありがとうございました(^0^)/
[2012/02/05 19:26] URL | みおん #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://cyocoskitchen.blog5.fc2.com/tb.php/296-a61acfa7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ちょうこさん

Author:ちょうこさん
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



FC2カウンター



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。