*Cyoco’s Kitchen ~食と暮らしを楽しむ~*
~ほっこり、ゆったり、時にはじっくり・・・おうちごはんや暮らしを綴ります~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

徳島へ・・・Ⅲ
  ~つづきです~

  午後からは「親が子に語る『働く』意味」~自己肯定感を育む~
  ・・・と題した講演がありました。
  講師には、鳥居徹也氏。
  2005年から、文部科学省委託事業「フリーター・ニートになる前に受けたい授業」全国キャラバンを展開。
  北海道から沖縄まで、生徒、教員、保護者に向けて5万人以上に講演されています

  世界と日本の大きな違いは、自分を肯定的に評価する人の占める割合のようです。
  アメリカが76%に対して、日本は37%の人しか自分を評価していないというのです。

  ここでは内容には触れませんが、
  自分のことが嫌い、だけど自分の身が一番かわいい、困難な場面を悲観的にとらえる、
  そんな人が日本には増えており、特に若い世代が心配だということでした

  この「自己肯定感」は今まさに多くの人にとって必要だと私も感じていました  
  困難な場面でもポジティブに考え、常に楽観的な思考を習慣づける
  「タフな心」で、自分と向き合い自分を認めてあげる

  例えば、何かで失敗したとします(困難な場面)
  悲観的→「どうせ私はなにをやっても無理なんだ、ダメなんだ・・・」
  楽観的→「今回は失敗した、どうしたら次回は成功するか。今度はがんばるぞ!」

  このように同じ状況も悲観的、楽観的では今後に大きく差をうみます。
  楽観的な思考を習慣にすることで、自己肯定感が育つのですとお話されていました。
  
  自己肯定感って、自分の中の内なる声に耳を傾けて「己をよく知る」ことかな、とも思います 
  ありのままの自分を知り、どうなりたいのかを探り、そこに向かって進んでいく・・・
  
  小さい頃からよく実家の母に言われてきました
  有頂天になったり、調子に乗りすぎたり、横柄だったりすると
  「己がなんぼのもんじゃ」・・・と。

  そんなこと言われても落ち込まなかったし、大人になった今でも「己を知る」ことはとっても大切だと思っています  

  そんなこんなで、中身の濃い研修は無事に終わり、またたくさんのお話が財産となり
  ブービーのおかげで、母も勉強させてもらえるチャンスをいただきました

  感謝です

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://cyocoskitchen.blog5.fc2.com/tb.php/326-864230c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ちょうこさん

Author:ちょうこさん
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



FC2カウンター



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。