*Cyoco’s Kitchen ~食と暮らしを楽しむ~*
~ほっこり、ゆったり、時にはじっくり・・・おうちごはんや暮らしを綴ります~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米粉料理教室 in 笠岡
  1月16日(木) この日は笠岡で米粉料理教室でした

  笠岡はなにかとご縁があり、昨年2月にも親子の料理教室をさせていただきました
  この度は、井笠農山漁村生活交流グループ協議会の方からのご依頼の「米粉料理教室」でした。

22_20120227223955.jpg 23_20120227224003.jpg

24_20120227224010.jpg 25.jpg

  参加者の皆さまは、私の母世代より先輩な方ばかり
  井原地区、笠岡地区、矢掛地区・・・などなど、地域の生活交流グループの代表の皆さまが
  約30名集い、このような研修会を行っていらっしゃいます。

  23年度のテーマが「米粉」だったということで、今回担当させていただきました。
  
  会の終わりには「まぁお茶でも飲んでお話しましょう~」とお誘いいただき、県民局の主幹さんや
  スタッフの皆さまとおしゃべりタイムとなりました

  こういう人と人のふれあいができる教室って大好きです
  たくさんの先輩主婦の皆さんのエネルギー、今日もいただきました

  備中県民局の皆さま、お世話になりました


小学校お料理教室
  2月4日(土)四福小学校のお料理教室でした
   
  毎年この時期に行かせていただき今回で7年目、8回目の教室になります。

  今回はドライカレー&ポトフ
  1_20120205095355.jpg

  役員のお母様方や学校の先生方にもお手伝いいただき、お世話になりました 
  子ども達は40数名の参加で、初めて包丁を握る子も多くいました
  2_20120205095811.jpg 3_20120205095817.jpg

  自分で作った料理をみんな残すことなく食べ、中にはお弁当箱に入れて大事そうに持って帰る子どもも・・・。
  たぶんおうちの方へのお土産だったんでしょうね
  衛生、安全上の心配はありますが、あまり固いことは言いたくありません


  「おうちの人にも食べさせてあげたい・・」

  この気持ちこそが、「食育」だと感じるのです。

  役員さんや教頭先生からも「ずっと続けてください」との嬉しいお言葉。
  地域への小さな恩返しができれば、こんなにうれしいことはないです

  午後からは、家の用事で大阪へ
  帰宅は深夜でした~ 
  早朝4時からの仕込みだったので、私は帰りの車で爆睡
  父さん、運転お疲れ様でしたっ

  今日もいい1日でした


小学校お料理教室
  1月28日(土)児島の赤崎小学校でのお料理教室に行ってきました

  こちらの小学校では3回目の教室になります。
  1_20120202093005.jpg 2_20120202093015.jpg
  今回は生徒さん、お手伝いくださる先生や役員さんとで60名ほどの教室です。
  私が到着すると、写真(右上)のように道具や器具をセッティングしてくださっていました、感激 感謝です
  
  赤崎小の小橋校長先生、米澤教頭先生をはじめ、教職員の先生方や役員さん方もいつお会いしても
  本当に、子ども達のためにという思いにあふれていて、素晴らしいチーム力で
  赤崎小を盛りたてていらっしゃるんだろうなぁ・・・と頭の下がる思いです

  また驚いたのは、子ども達の集中力の高さと礼儀正しさです。
  普段の学校生活の一部を見せていただいたようでした。

  3_20120202094535.jpg

  4_20120202094544.jpg 5_20120202094552.jpg

 約2時間半かかって作り上げ、試食をしました
 「うめー」「あったまる~」「おかわりしたーい」など、嬉しい声が聞こえていました
 6_20120202095141.jpg 「おかわりをみんなで・・・」の絵 こうでなくっちゃ

 寒い中を来てくれた子ども達、そして送迎してくださった保護者の方々、先生、役員の皆さま
 私こそ元気をいただきました ありがとうございました

 よっしゃ、またがんばるぞ 

わくわくキッズ☆キッチン
  1月21日(土)22日(日)は、わくわくキッズ☆キッチンでした。

  今回は1年で一番参加者が多い回「バレンタイン特集」です~
  毎年1月の教室ではチョコレートのお菓子を5種類作って、それを2セットラッピングまでして持ち帰ります。
  男の子女の子関係なく、100名以上の子ども達が参加してくれています

  こうなると、準備するチョコレートやバターもこーんな量に・・・
  00000.jpg 
  家庭でも同じ味になるように、市販の購入しやすいチョコを用意します

  約3時間の工程をみんな楽しみながら、でもとっても真剣に作って、出来上がったのは・・・
   0000000.jpg
  慣れないラッピングも説明をよく聴いて、丁寧に最後まで仕上げる姿は頼もしいかぎり
  みんな嬉しそうに可愛らしい笑顔で、大事そうに持って帰っていました・・・

  この笑顔を見ると、また頑張ろうって思います

  「作る楽しみ・目で見る感動・味わう喜び」の心を育ててあげたい 強く思うのでした

  
米粉料理教室
  1月18日(水) この日は米粉料理教室でした

  今回は、子どもが通っていた中学校区の「青少年を育てる会」のなかにある「家庭教育学級」の教室です。

  この「家庭教育学級」というのは、地域の方やPTAを対象に生涯学習を行っていきましょう・・・という
  もので、年4回の企画をたてて皆さんと楽しんで、あくまでも「学習!」という名の「サークル活動」のようなかんじです。

  実は私、この学級の部長を務めて3年。色々な企画を役員のみんなと立てて、自ら楽しんでいます
  ・・・が、ネタがなかなか見つからず困っていたこともあって、自分で米粉料理教室をすることに

  司会&講師・・・まっいいか 参加の皆さんには、くどいかしら~許してねー

  ・・・ということで、約20名のお母様方と米粉料理スタートしました

  さすが、現役ママさん! 手際のいいこと! あたしの説明はいらないよぉー
  どのテーブルもとてもきれいな仕上がり具合でした

     0000_20120119102658.jpg
              季節のクリームドリア / お手軽かき揚げ / 黒糖薫る蒸しパン  


  試食のあと、備中県民局の荻野さんが出前講座でお越しくださいました

    0001_20120119102709.jpg

  米粉についてのお話の中で特に印象に残ったのは、食料問題についてでした。

  今現在世界人口は70億人を超え、ものすごい勢いで増加しています。
  数々の先進国が100%以上の食料自給率を維持している一方で、
  日本は先進国の中で食料自給率40%(21年度)で最下位、唯一米が100%の自給率を保っています。

  しかし、米の消費量は50年前と比べて約半分に減少し、その背景には食生活の欧米化に伴いパンやパスタ
  などの小麦製品の需要、輸入が増えたことがあります

  その輸入量は年間500万トン
  国内消費量の86%を輸入に頼っているのが現状です

  そこで問題になってくるのが人口の増加
  70億人のお腹を満たすには・・・ 将来的に輸入に頼れなくなる時が来るかもしれません。
  国内で賄える「米」をもう一度見直し、米自体を「ごはん」として食べる機会が減っているのなら、
  「米粉」として「小麦粉」同様の製品ができるように加工、開発していこうという動きがあるわけです


  私が関わらせていただいている「米粉」は岡山県新見市哲西町で作られた「微細粒米粉」です  
  上新粉も米粉ですが、180ミクロンの粒子に対して、この「微細粒米粉」は70~80ミクロン。
  ほぼ小麦粉と変わらない粒子になっているので、パンやケーキもなめらかな口あたりに
  作れるようになったそうです

  また、小麦アレルギーの方にも使える粉なので期待されている「米粉」です。
  (ただし、パン用米粉には小麦グルテンが添加されているので要注意) 

  「米粉」をもっと身近にという思いで、私も教室をしていますが・・・

  一方では、「もっとお米を食べればいいんだ」という食育の先生もいらっしゃいます。
  それも一理あると思っています 

  


プロフィール

ちょうこさん

Author:ちょうこさん
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



FC2カウンター



FC2カウンター

現在の閲覧者数:



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。